1. ホーム
  2. DIY、工具
  3. 道具、工具
  4. 計測、検査
  5. ハカル.com・Yahoo!店笠原理化工業 H202-V3 過酸化水素濃度計 低濃度用 水質検査器 メッキ 消毒 漂白 工業・排水・上水・実験・研究 吸光光度 オキシドール
安い 迅速な対応で商品をお届け致します ハカル.com Yahoo 店笠原理化工業 H202-V3 過酸化水素濃度計 低濃度用 水質検査器 メッキ 消毒 漂白 工業 排水 上水 実験 研究 吸光光度 オキシドール metvrn.ru metvrn.ru

ハカル.com・Yahoo!店笠原理化工業 H202-V3 過酸化水素濃度計 低濃度用 水質検査器 メッキ 消毒 漂白 工業・排水・上水・実験・研究 吸光光度 オキシドール

112200円

ハカル.com・Yahoo!店笠原理化工業 H202-V3 過酸化水素濃度計 低濃度用 水質検査器 メッキ 消毒 漂白 工業・排水・上水・実験・研究 吸光光度 オキシドール

■過酸化水素濃度計(低濃度用H202-V3の特長

●各種消毒液中の過酸化水素濃度を測定出来る
●滴定不要、計算不要の光度法、過酸化水素濃度測定
●0.00〜25.00mg/Lまでの過酸化水素濃度を0.01mg/Lの分解能で測定可能
●小型、軽量で携行測定可能なハンディタイプ
●水質検査・水質管理に便利

●測定対象:毒液中の過酸化水素濃度
●測定方式:吸光光度法
●測定範囲:0.00〜25.00mg/L
●表示分解能:0.01mg/L
●再現性:5%以内
●繰返精度:±5%以内(FS)
●応答時間:電源ON後5秒
●自動電源断:測定値5秒間ホールド後、オートパワーオフ
●測定時間:1回約1分
●自己診断機能:電池電圧、校正不良、LED劣化
●校正:通常はゼロ校正のみ。スパン校正は必要に応じて実施(標準液による)
●光源:LED
●電源:単4アルカリ乾電池(LR03×4)DC6V
●外形寸法:W88×D174×H65mm
●重量:約310g
●標準構成:計器本体、アルカリ乾電池、測定セル4個、測定試薬H2O2-V3-RA10mL(100回分)、
マクロピペット(10mL用)、マイクロピペット(0.1mL用)、取扱説明書、保証書、携行ケース

メーカー:笠原理化工業(Kasahara)

ハカル.com・Yahoo!店笠原理化工業 H202-V3 過酸化水素濃度計 低濃度用 水質検査器 メッキ 消毒 漂白 工業・排水・上水・実験・研究 吸光光度 オキシドール

pH計,EC計,導電率計,残留塩素計,DO計,溶存酸素計など水質検査機器がおすすめ|株式会社佐藤商事pH計,EC計,導電率計,残留塩素計,DO計,溶存酸素計など水質検査機器がおすすめ|株式会社佐藤商事
『CX-30』 純正 DMEP DM8P DMFP バーグラアラーム(侵入センサー付き)用のトランスミッターのみ パーツ マツダ純正部品 オプション アクセサリー 用品
ウチダ 保健・健康カタログウチダ 保健・健康カタログ
メラミンスポンジ 100個セット 120×60×40mm
カボタン 5
CRF250rallyのバッテリーが上がってしまい急遽調べて使えることがわかり即購入しました。以前にPCXでもこの商品を使ったこともあってその時も安くて助かりました。すぐ届いたんで助かりました。商品もよくて耐久性についてはバイクをすぐに売却したんでまだわかりませんがサポート体制もしっかりしてそうで大変オススメのバッテリーです。

ビーイング チタン ネックレス レディース キュービック ジルコニア シルバー ペンダント sv925 ペンダント健康ネックレス 中古 Cランク (フレックスその他) オデッセイ WHITE HOT PRO 2・BALL 32インチ レディース スチール その他 レディース 右利き パター PT アテンザワゴン GJ系 前期 アイラインガーニッシュ 塗装済 カラー
てつこ 4
いい感じになった。

日本アクアラング AQUA LUNG U6A LED ライト
ハンナインスツルメンツ HI 749 Checker HC (六価クロム LR) 測定範囲:0〜300ppB HANNA :HI749-HANNA-Y113479:ハカル.com・Yahoo!店 - 通販 - Yahoo!ショッピングハンナインスツルメンツ HI 749 Checker HC (六価クロム LR) 測定範囲:0〜300ppB HANNA  :HI749-HANNA-Y113479:ハカル.com・Yahoo!店 - 通販 - Yahoo!ショッピング
eイヤホン 店AstellKern アステルアンドケルン KANN MAX Brown Mud DAP デジタルオーディオプレーヤー
Amazon カスタマー 5
平成15年式コペン165,000キロに入れました。オイル下がり解消し、アイドリング時の振動が減り大満足です。初冬からの硬いオイルで、不安でしたが、始動も問題なく軽やかにセルが回ります。目標20万キロOHまで少しでも延命できればと思います。燃費も10w-40の17リッターから、15リッターと少し悪くなりましたが、想像していたより軽く済んでホットしました。燃費低下は暖機運転するようにしたのが原因かと思いますが、トルク感アップなどエンジンには良い効果が出てますので、今後も使用したいと思います。追記燃費について、交換後600キロ走行で、15.9リッターでしたので、摩耗したエンジンでは、硬いオイルでの燃費低下は僅かで、むしろトルクアップによる効果が高いのかな?と感じます。リピ確定です。交換から1200キロ走行。オイル消費わずかにあるくらいで問題ありません。燃費も、朝方マイナス2℃くらいになり暖機運転5分ほどしていますが、15キロを切るか切らないかで安定しています。また、マフラーに付いていた煤も解消しました。

bull 4
耐水性は,雨の日に歩いているだけで、爪先部分から濡れてきます、耐久性ですがソウルと本体の接着が弱いところがあり、少し剥がれてきました、値段から考えると、十分な性能と考えられます。バイクのみで晴天用途考えれば良いものと思われる。

pH計,EC計,導電率計,残留塩素計,DO計,溶存酸素計など水質検査機器がおすすめ|株式会社佐藤商事pH計,EC計,導電率計,残留塩素計,DO計,溶存酸素計など水質検査機器がおすすめ|株式会社佐藤商事
サンワサプライ 工事物件タップ TAP-KS2-5X5
裏側 人生 5
HID55wの強力なヘッドライトの寿命がきて LEDは暗いからいやだなーと思っていましたでも値段がね せに腹は代えられず こちらの商品を購入 HIDとほぼ変わらない明るさを実現素晴らしいの一言です 耐久性は付けて3日目なので何とも言えませんが 明るさは完璧です

ハイロジック:差込ダボ 4.7x7ミリ gB色 入数1袋 8個 Z-504 家具収納棚パーツ 補修部品 即出荷ハイロジック:差込ダボ 4.7x7ミリ gB色 入数1袋 8個 Z-504 家具収納棚パーツ 補修部品 即出荷
カールゴッチ先生。 1
本品を受け取り、装着しテスト走行した際に気が付いた事。フタのヒンジのピンが脱落したのか欠品だったのか、片側を紛失。即カスタマーに連絡したところ、返品交換と言う対応をして頂きました。そこまでは、迅速に対応して頂き満足しています。しかし、ボックスに貼ってしまったステッカーについて、primes商品でないために、保証しないと言う。出品者に問い合わせて、あちらの対応になると言う。ステッカーの不具合なら分かるが、primesの商品の不具合が原因であれば、primesで保証するのが筋だと思う。ステッカーの不具合で出品者とのやり取りの中で、話がまとまらず、primesに保証を求めているわけでもないのに。全くもって納得いかない。だったら、Amazon primesだけの商品扱ってほしい。こちら消費者は、Amazonと言う看板の下で買い物をしたんだし、そのAmazonの商品や不具合で出品者の商品を破棄せざるを得ないのだから。本当に気分が悪い。プライム会員として金を収めているものに対して、この対応は無いと思う。

宝石印鑑 水晶印鑑 インド翡翠 女性 実印 おしゃれはんこ 印鑑・はんこ 実印・銀行印・認印 サイズが選べる実印 女性 男性 ハンコ いんかん 鑑 ひすい 天然石宅急便発送
ノウキナビ新品ショップ店大型ばねらくこん 籾受ホッパー2000巾 イリノ RCM10D-3 乾燥籾 籾搬送 籾溜め 籾摺り バネ ばね 基本送料無料 アンティーク 真鍮 シングル 歯 ブラシ ホルダー セラミック フラワー カップ ウォール マウント 浴室 アクセサリ aba744
Medidor galvánico portátil de oxígeno disuelto con sonda de 4m » HANNA® instruments MéxicoMedidor galvánico portátil de oxígeno disuelto con sonda de 4m » HANNA®  instruments México

<研究者インタビュー>複数の研究室を渡り歩く上で重視すること―後編―

神経細胞内のキネシン分子モーターの輸送機能に注目し、神経細胞間コミュニケーションの分子メカニズムの解明とマウスの個体レベルへの影響について研究している、筑波大学…

<研究者インタビュー>森川 桃—神経細胞内の輸送機構から脳機能や精神疾患を明らかにする―前編―

ヒトの体重の約2%しかない脳では、神経細胞同士が複雑なやりとりを行っています。そのやりとりが何らかの理由で破綻すると、精神疾患や記憶・学習障害につながると考えら…

ウサギ・モノクローナル抗体とは?原理や特長を徹底解説

特異性と親和性の高い抗体として、ウサギ・モノクローナル抗体が注目されています。ウサギ・モノクローナル抗体が他の動物種のモノクローナル抗体と比べてどのような特長が…

CRISPR-Cas9の導入方法(プロトコール)と応用例とは?

CRISPR-Cas9は世界中の研究室で使われており、この記事の読者の中には「そろそろ自分の研究でもCRISPR-Cas9を使って実験をしたい」と考えている人が…

英語の学会発表(プレゼン)で失敗しないためのコツ

英語講演という試練 学会での研究成果発表は、大学院生にとって研究生活の大きな山場と言えるでしょう。まして、それが国際学会における英語での発表となればなおさらで…

英語論文の読み方のコツとは?英語が苦手な理系研究者必見

大学の学部時代の成績と、研究者としての実力は、必ずしも比例しないとはよく言われることです。学科試験は抜群であったのに、研究室に配属されてからは伸び悩む人は、決し…

おすすめ抗体作製受託サービス!シグマ アルドリッチが徹底解説

カタログ品の抗体で思うように結果が出ないときや、そもそも希望する抗体がないとき、お困りではありませんか?その際、自らオリジナルの抗体作製を検討することもあるでし…

アポトーシス(apoptosis)とは?ネクローシスとの違いも徹底解説

細胞死とは、機能不全に陥った細胞が死ぬことだけを意味するものではありません。生命活動においては、しばしば能動的な遺伝子発現による計画的な細胞死「プログラム細胞死…

<研究最前線>佐々木雄彦-脂質に注目して病態形成を明らかにする

東京医科歯科大学難治疾患研究所教授の佐々木雄彦先生は、生体内に存在する脂質と疾患との関係に注目し、脂質の生理活性と作用機序の解明を進めています。脂質研究・分析技…

【保存版】RNA精製→逆転写→リアルタイムPCRの実験フロー

遺伝子発現解析でよく使われるRT-PCR。特に、定量的な解析ができるリアルタイムPCRは、発現量の解析で必要不可欠な手法となっています。しかし、実験がうまくいか…

2ステップRT-PCRのプロトコール

逆転写PCR(Reverse Transcription Polymerase Chain Reaction:以下RT-PCR)は、DNAを増幅するPCR技術を…

RT-PCRを成功に導く5つの重要ポイント

逆転写PCR(Reverse Transcription Polymerase Chain Reaction:以下RT-PCR)は、DNAを増幅するPCR技術を…

<研究最前線>泊幸秀-古き良き生化学にこだわる姿勢

東京大学定量生命科学研究所教授の泊幸秀先生は、タンパク質に翻訳されないRNAである「ノンコーディングRNA(ncRNA)」に注目し、その機能や原理の解明に取り組…

<研究最前線>三浦正幸-細胞死を軸に広い視野で発生や成長をとらえる

東京大学大学院薬学系研究科教授の三浦正幸先生は、細胞死の研究を主軸としながら、発生や成長におけるサイズ制御や、再生における代謝制御、栄養と腸内細菌の関係など、多…

<研究最前線>塩見 美喜子-“動く遺伝子”から生殖細胞のゲノムを守る仕組みを解き明かしたい

東京大学大学院理学研究科教授の塩見美喜子先生は、生殖組織(卵巣・精巣)で特殊なDNA配列である「トランスポゾン」による遺伝子破壊からゲノムを守るための”品質管理…

<研究最前線>胡桃坂仁志-DNA収納様式から遺伝子発現制御を明らかにする

東京大学定量生命科学研究所教授の胡桃坂仁志先生は、DNAの核内収納様式である「クロマチン構造」に注目し、遺伝子発現を制御する仕組みを解明しようとしています。クロ…

<インタビュー>山口太郎-医学領域への恩返しのためのキャリアチェンジ

京都大学大学院医学研究科「医療領域」産学連携機構(KUMBL)の特定講師である山口太郎先生は、工学部出身で電機メーカーの知財部門に所属した経験を持ちながら、現在…

<研究最前線>濡木理-生体分子の構造解析から昔願った生きがいを見出す

東京大学大学院理学系研究科教授の濡木理先生は、主に膜タンパク質や非翻訳RNA結合タンパク質を原子分解能レベルで観察し、その構造解析から生命現象を理解することを目…

ライフサイエンス全般を網羅!メルクの6ブランド徹底紹介

350年以上もの、長い歴史をもつメルク。 何をめざし、どのようにお客様と歩み続けてきたのか? 本記事では、メルクのミッションとビジョン、そしてその実現のため…

<研究最前線>ケミカルバイオロジー研究が拓く新技術―標的タンパク質分解

狙ったタンパク質を分解する新しい技術 サリドマイド催奇性の原因因子として見つかったセレブロンは、ユビキチンリガーゼを構成するタンパク質のひとつです。東京医科大…

【初めての論文投稿⑧】オンライン投稿~準備から投稿完了まで~

オンライン投稿前に準備すべき7つのこと 論文の原稿が仕上がったら、あとは投稿するだけです。現在はオンライン投稿が主流で、雑誌や出版社のサイトには専用フォームが…

<研究者インタビュー>つながり、発信し、研究する―前編―

「新しい」とは何か ―諸藤先生のご経歴を教えて下さい。 京都大学の吉田潤一先生のもとで博士号を取得し、花王の研究所に2年勤務した後、学習院大学で採用され、2…

【初めての論文投稿⑥】本文の書き方のポイント

英語で論文を書く作業は、慣れないうちはなかなかハードです。何から手を付ければいいのかわからず途方に暮れる人もいるかもしれません。しかし、論文の設計図である「アウ…

<研究者インタビュー>つながり、発信し、研究する―後編―

光反応の可能性 ―諸藤先生は、大学での最初の研究テーマとして、光レドックス反応を選ばれました。ブログの「研究者の研究」で、この分野の大家であるデヴィッド・マク…

<研究者インタビュー>辻佳子―「やりたいこと」に向き合って生きる

「やりたいこと」に素直に生きる 東京大学環境安全研究センター長として、研究者の環境安全教育に取り組む辻佳子教授。兼担している工学系研究科化学システム工学専攻で…

定量的ウェスタンブロットにおけるローディングコントロールの選び方

定量的ウェスタンブロットとローディングコントロール ウェスタンブロッティングは、細胞または組織から抽出された複雑な混合物から特定のタンパク質を同定するために広…

<インタビュー>研究者と社会の安全を守る!東京大学環境安全研究センターの取り組み

研究の環境安全を守るための教育 研究室には日常生活では扱わない危険なものが多く存在しています。薬品やガスは扱い方を一歩間違えると爆発や火災のような大きな事故を…

ウェスタンブロッティングとローディングコントロールの重要性

ウェスタンブロッティング 1979年にウェスタンブロッティングについて初めての論文が発表されて以来(Renart et al., 1979)、この免疫検出技術…

担当者が語る!シグマ アルドリッチカスタム製品が選ばれる理由

ライフサイエンスの研究では、カタログにはない試薬が必要になることがあります。特にプライマーやペプチドなどは、必要なオリゴDNAやペプチドの設計だけを考え、作製を…

受容体の機能を知るための作動薬・拮抗薬の使い方

作動薬・拮抗薬の作用機序を知って正しい実験を 生体内に存在する受容体は、リガンドを認識して生体のさまざまな機能を誘導する重要な物質です。受容体の機能を調べるた…

サンドイッチELISAと競合ELISAによる定量

ELISA法とは 酵素結合免疫吸着検査法(以下、ELISA)は、抗体の特異性と、シンプルな酵素測定法の感受性を組み合わせた技術です。測定は容易で、ターンオーバ…

阻害剤調製時に知っておきたい5つのポイント

間違った扱い方が阻害剤の効果を激減させる 生物の体内でさまざまな働きを担っている生理活性物。その一部は阻害剤として利用でき、生命の仕組みや体内分子の機能を調べ…

<研究者インタビュー>山口浩明―薬物動態を臨床の現場から研究する意味

様々なラボを渡り歩いて見つけた使命とは 東北大学病院副薬剤部長の山口浩明先生は、薬物動態のプロフェッショナルとして研究と臨床の両方をフィールドに活動されていま…

クロマチン免疫沈降法と抗体の選び方

クロマチン免疫沈降法とは クロマチン免疫沈降法(ChIP)は、染色体DNAに関連するタンパク質がin vivoでどのように分布しているのかをマッピングするため…

シンプルかつスピーディー!限外ろ過によるタンパク質分画の方法

限外ろ過がタンパク質分画の「不便」を解決する 血液中のバイオマーカー探索などで解析をする際に、あらかじめサンプルを分画することがよくあります。従来ですと、サイ…

led 蛍光管 35型 led蛍光灯 35w形 led蛍光灯 35w led蛍光灯 35w 看板 led 蛍光灯 35w 直管 led蛍光灯 35w形 直管 蛍光灯 35形 T10 FL35 屋内照明 透明性 耐衝撃 性耐熱性 長さ100cm G13口金 照明角度180° 電球色 白色 昼白色 昼光色エスケイアール河村電器産業 ESF51034N 種別 コンポ盤電灯分電盤 ESF5ライオン事務器 カートリッジトランクLTOカートリッジ 2巻収納 カギ付 LT-02 1個漢字用紙 清書用 手漉き半切 100枚 『条幅 書道用紙 和紙 書道用品』コット キャンプ アウトドア ベッド ベンチ 荷物置き 簡易ベッド キャンプベッド レジャー オックスフォードクロス 鉄製フレーム 頑丈 安定感 耐荷重150kg バーベキュー BBQ パーティー フェス 椅子 イス 快適 収納袋付き RIOSOL うたたねコットLOCTITE(ロックタイト) ねじ部品用嫌気性接着剤 中強度・後浸透 250mlHEAVEN SKATEBOARD DAVE'S WAVE 38x8.5 ヘブンロングスケートボード WAVER TRUCK仕様 スノボサーフィンのオフトレに キレのあるターンの習得に ロングスケボー ロンスケ サーフスケート クルージングス(取寄) パールイズミ レディース クラシック ジャージ - ウィメンズ PEARL iZUMi women Classic Jersey - Women's Screaming Red White CirrusLOGOVISTA ロゴヴィスタ ステッドマン医学大辞典 改訂第6版 プラス 医学略語辞典 LVDMB02060WV0光興業 LNW-340N8 覗き見防止フィルター Looknon-N8 デスクトップ用 34.0インチ(21アット・アルファ日本製・証明書付き 海外対応可 般若保作 龍虎象嵌真形鉄瓶 約1.5L hn2974喪中はがき 印刷 喪中 はがき 喪中ハガキ 喪中葉書 ハガキ 葉書 喪中はがき印刷 喪中ハガキ印刷 挨拶状 「印刷OK」のお返事から1-3営業日のスピード発送トップレコード八足 ホワイトスプルス材 間口5尺奥行1尺総高さ2尺5寸以下(まとめ)キクロン キクロン Aスポンジたわし ピンク112418 1個〔沖縄離島発送不可〕

<研究者インタビュー>佐々木敦朗―留学で見つけた、自分の新たな可能性

夢をかなえるために必要なこと 「日本とアメリカの両方でラボを持ちたい」。佐々木敦朗(あつお)先生はそんな夢を抱いてアメリカに留学しました。 情報も少なく孤立…

研究留学の「生の声」を聞く!経験者からの8つのアドバイス

留学経験者から聞く「生の声」 留学を思い立ったとき、みなさんはまず、どこから情報収集するでしょうか。ネットで調べたり、本を買ったり、先輩に相談したり―。 情…

界面活性剤を選ぶときのポイントと界面活性剤を除去する方法

界面活性剤は先の実験も見据えて選ぼう 細胞や組織からタンパク質サンプルを調製するとき、疎水性タンパク質を可溶化する目的で用いられる界面活性剤。化学構造の微妙な…

タンパク質実験における界面活性剤の重要性

タンパク質実験に欠かせない界面活性剤 顔や体を洗う石けん、衣類の洗剤や柔軟剤、化粧品といった、日常生活のあらゆる場面でも使われている界面活性剤。ライフサイエン…

必ず押さえておきたい!DNAを取り扱う際の注意点

DNAの化学的・物理的性質を知る ライフサイエンスの研究者にとっては、なじみの深いDNA。しかし、その機能や原理についてよく知っていても、実はDNAの化学的・…

ウェスタンブロッティングで失敗したら見直したい3つの条件

失敗の原因は検出反応にあるとは限らない ウェスタンブロッティングは、下図のように目的タンパク質の分離、転写、検出(抗原抗体)反応という複数の工程から成る複雑…

研究留学をネットワークで徹底サポート!UJAとは

研究留学、最初の一歩を踏み出すために 研究留学と聞いて、皆さんはなにを思い浮かべるでしょうか?「英語が苦手でもう少し準備ができてから」「慣れない土地での生活で…

PCRの結果を向上させる要素とは

PCRに影響を与える条件 PCRの結果は使用する機器や酵素によって大きく左右されますが、他にも様々な条件や試薬の違いに影響を受けます。この記事では、PCRの結…

<研究最前線>HILICカラムがもたらすメタボロミクス多検体解析の革命

なぜZIC®-pHILICなのか 健康調査を通じてバイオバンクを構築、次世代型医療の創出を目指して様々な研究がされている東北大学東北メディカル・メガバンク機構…

ウェスタンブロットの基本の流れ—成功に導くヒント—

実験のクオリティを決めるウェスタンブロット ウェスタンブロットは、ライフサイエンスの研究において一般的に選択される実験方法。タンパク質抗原の多数の重要な特性を…

<研究者インタビュー> 別所毅隆 次世代太陽電池「ペロブスカイト太陽電池」、トップランナーへの歩み

染物屋と化学者の遺伝子が反応!色付のカラフルな太陽電池 スイス・ローザンヌ工科大学、ソニー先端マテリアル研究所、東京大学先端科学技術研究センターと、太陽電池研…

<研究最前線>実用化は目前!塗って作れる次世代の有機無機複合太陽電池「ペロブスカイト太陽電池」とは

重たいシリコン太陽電池から、塗って作れる軽い太陽電池へ 現代を生きる私たちにとって、この先どのようにエネルギーを供給していくかということは切実な問題です。資源…

<研究者インタビュー>山路剛史―失敗を恐れず自分のやりたいことをやる

生物学のフロンティアを目指して 2018年の2月に米国オハイオ州のシンシナティ・チルドレンズ・ホスピタル・メディカルセンターで自分のラボをスタートさせた山路剛…

<研究最前線>分子と生物の間のブラックボックスを解明!生殖細胞のRNAバイオロジー

フロンティアを目指して 今から15年前、修士の学生だった山路剛史先生は、この先、研究者として生きていく上でどの分野を選べばよいかを考えていました。まだ誰もあま…

効率アップ!マルチプレックスアッセイ、カスタマイズの成功事例

医薬品や農薬の開発過程で活躍するマルチプレックスアッセイ 少ないサンプル量と工数で、迅速に最大500種類ものバイオマーカーの測定ができるマルチプレックスアッセ…

プレプリント・サーバーとは 論文はネットで事前公開の時代に

論文が世に出るまで 研究者のみなさんならご存知の通り、一本の論文が公開されるまでには非常な手間ひまがかかっています。投稿された論文は、まずエディターが内容をチ…

マルチプレックスアッセイで、バイオマーカースクリーニング実験を効率的に

タンパク質バイオマーカーのイムノアッセイ マルチプレックスアッセイは、ひとつの生体サンプルから一度に多項目の情報を取得する実験手法の総称です。 タンパク質バ…

PCR技術を発展させた酵素開発の歴史

PCR技術の発展 初期のPCRは画期的かつ重要な技術である一方、重大な限界もありました。(McPherson and Møller, 2000)。研究者たちは…

<研究最前線>エイズウイルス感染の仕組みを解明!治療薬の突破口に

エイズ治療の鍵を握る宿主細胞側の因子を探る エイズの原因であるHIVは、人の免疫系の司令塔であるTリンパ球細胞に感染し、免疫機能を奪っていきます。発熱、発疹、…

<研究者インタビュー>武内寛明―工学から医学へ。気がつけばエイズ研究の最前線に

エイズ治療への新たな希望 2014年、東京医科歯科大学の武内寛明先生は、コールド・スプリング・ハーバー研究所で、聴衆を興奮させる重大な発表を行いました。それは…

細胞を生きたまま染色する新しい蛍光色素

理想的な蛍光色素を求めて 細胞や組織、動物が生きている状態で分子の動態を観察できる蛍光生体イメージング。観察する細胞や分子などを標識する蛍光色素の開発は、20…

免疫組織化学、免疫細胞化学における抗原賦活化の手法

免疫組織化学/免疫細胞化学と抗原賦活化 特異的な抗体‐抗原相互作用を利用し、組織切片の細胞から抗原(例:タンパク質)を検出する工程を免疫組織化学(IHC)と呼…

免疫組織化学、免疫細胞化学のための標本調製の進め方

免疫組織化学/免疫細胞化学と標本調製 免疫組織化学(IHC)とは、特異的な抗体‐抗原相互作用を利用し、組織切片の細胞から抗原(例:タンパク質)を検出する工程を…

経験者が伝授するポスドクの応募方法

納得のいくポスドク先を選ぶために 博士課程の次の進路として、ポスドクの道を考えている人は多いと思います。納得のいく研究室を選択するためには、早くから準備をして…

<研究者インタビュー>琵琶湖からアマゾンへ 。「環境DNA」がかなえた夢

熱帯魚が決めた進路 魚類生態学分野の調査といえば、生物個体を捕獲して分析を重ねる手法が一般的です。そこに住む生物を詳しく調べることで、生態の謎を解き明かしてい…

<研究最前線>魚を獲らずに生態調査!「環境DNA」が注目される理由

水を汲むだけで魚の生態がわかる「環境DNA」とは これまでの生態学の常識を覆す研究手法「環境DNA」。実際に生物を捕まえて調査する従来型のアプローチとは異なり…

DIGシステムにおけるオリゴヌクレオチドプローブ作成方法

DIG標識オリゴによるハイブリダイゼーション ハイブリダイゼーションによる核酸の検出には、RI(放射性同位元素)を用いる方法と、抗原抗体反応と化学発光を利用す…

DIGシステムにおけるRNAプローブ作成方法

DIGシステムにおけるRNAプローブ作成方法 ハイブリダイゼーションは核酸分子が相補的に結びついて二本鎖を形成すること、およびそれを活用した実験方法をさします…

DIGシステムを用いたDNAの標識手法(ラベリング)

DIGシステムを用いた核酸の標識 DIGはステロイドハプテンであるDigoxigenin(ジゴキシゲニン)を用いることでRI(放射性同位元素)を使用せずに、核…

ヒトiPS細胞由来心筋細胞の創薬研究における有用性

iPS 再生医療だけではない。創薬研究にも有用。 ひとつの新しい薬を世に送り出すのは非常に困難なプロジェクト。創薬の過程に費やされる期間は一般的に10年以上か…

<インタビュー>牧田直大―京大発の技術でiPS細胞由来心筋細胞の社会実装を

iPS細胞由来心筋細胞の早期実用化を目指して 京都大学出身の牧田直大さん。学部時代の専攻は土木工学で、そのまま大学院の工学研究科に進みました。ところが、あるき…

<研究最前線>低コスト生産を可能にしたiPS細胞から作る心筋細胞の新技術とは

低コストで安全性の高い心筋細胞を作り出せる理由 iPS細胞の臨床応用が待ち望まれている臓器は無数にあり、心臓もそのひとつです。心臓病は世界的にも死因として大き…

RI不要のDIGシステムで、より高感度なin situハイブリダイゼーションを

RIを使わない標識法「DIGシステム」とは in situハイブリダイゼーション法(in situ hybridization: ISH)は、ライフサイエンス…

不可逆的阻害剤と温度・pH変化による阻害

酵素活性を阻害する要因 酵素は触媒的な性質があり、反応への関与によって酵素自体が変化することなく、反応速度を加速します。酵素活性は多くの要因に依存しています。…

メルクからアドバイス!トラブル発生時に見直すべき5つの実験環境

その実験トラブル、試薬でも装置でもなく環境が原因かも 研究者にとって、ある日突然、理由もわからず、今まで取れていたデータが取れなくなることほど恐ろしいことはあ…

<研究者インタビュー>渡辺亮 iPS細胞×シングルセル解析で見えたもの

iPS細胞は再生医療だけじゃない 研究者だけでなく一般の人々からも大きな期待が注がれている人工多能性幹細胞(iPS細胞)研究。その中核を担う「京都大学iPS細…

研究や医療で活用される酵素阻害剤とは

酵素阻害剤の重要性 酵素阻害剤は、生物学的プロセスの研究に用いられるほか、疾患を緩和する治療薬や、殺虫剤、農薬など様々な用途で活用されています。 この記事の…

研究者が「ぼっち」から抜け出しネットワークを構築する方法

研究室でひとりぼっちは、むしろ絶好のチャンスと考える 多くの理系学部が4年で研究室に配属されます。同じ研究室に配属されるのは多くて数人、中には同じ学年はひとり…

細胞継代の手順。細胞のタイプにあった方法を選択しよう

なぜ継代が必要なのか 細胞を同じ容器の中で培養し続けると、次第に培養密度が高くなり細胞の老化や細胞死を引き起こします。これを防ぐため、少量の細胞を別の容器に移…

<研究者インタビュー>丹羽節―有機化学で生命科学の新たな道を切り開く

異分野の研究者たちと交流を 理化学研究所生命機能科学研究センターでは、複数の異分野の科学者たちが協同してさまざまなプロジェクトが行われています。この記事では、…

【ブランドストーリー】創業350年のメルクの歴史、始まりは「天使薬局」

メルクってどんな会社? その軌跡 メルクは、ドイツのダルムシュタットに本拠地を置くサイエンスとテクノロジーの世界的企業です。1668年に誕生し、2018年の今…

自己紹介から始めよう!研究者のための英語コミュニケーション術と習得法

自己紹介するときに気をつけたいこと 今年こそ英語を何とかしたいと思っている人に向けて、海外で暮らしている研究者から様々なアドバイスをもらいました。英語のコミュ…

潜入!たよれるメルクのテクニカルサービスの秘密

メルクのテクニカルサービスはどんな質問も大歓迎 メルクのテクニカルサービスでは、製品情報や資料請求だけでなく、製品の使い方や実験のトラブルシューティングなど、…

抗体試薬を長持ちさせるコツ【保存と取り扱いのポイント】

正しい保存と取り扱いで長持ち 抗体の機能を維持し、寿命を長く保つためには、適切な保存や取り扱いが非常に重要です。適切に保存された抗体は、時間が経ってもほとんど…

抗体の選び方と濃度検討のポイント

抗体実験を始める前に 抗体を使用した実験計画を立てる際には、使用する抗体の種類や、濃度などの条件を選択・判定しなければなりません。また、必要に応じて二次抗体の…

用途に合わせて使い分け。抗体のフォーマットと精製方法

抗体技術と抗体のフォーマット 免疫化学を活用した抗体技術は、タンパク質の定量や分離・精製、組織内の抗原を検出する免疫染色など、様々な用途に応用され、ライフサイ…

抗体の仕組みと種類を理解しよう

まずは抗体について理解しましょう 免疫化学を活用した抗体技術は、1970年代初期に免疫標識の研究ツールとして用いられて以降大きく進歩し、ライフサイエンス研究の…

【研究ツールとしての抗体技術】抗原とエピトープ

抗体技術の基本原理 免疫化学を活用した抗体技術は、1970年代初期に免疫標識の研究ツールとして用いられて以降、大きく進歩し、ライフサイエンス研究の多くの分野に…

モノクローナル抗体とポリクローナル抗体の作製と特徴

抗体産生の基本的なしくみ 研究ツールとして用いられる抗体には、ポリクローナル抗体とモノクローナル抗体とがあります。これらは作製方法や性質が異なるため、用途にあ…

抗原と抗体の相互作用とは【抗体技術の基本原理】

抗原と抗体の結びつき 免疫化学を活用した抗体技術は、ライフサイエンス研究の多くの分野において必要不可欠なツールとなっています。免疫化学の基本原理は「特異的な抗…

ライフサイエンス研究者におすすめする8冊の本

研究の知識を深め世界を広げてくれる本 この記事では複数の研究者への取材をもとに、定番の専門書から研究室のトラブルを回避しモチベーションをアップさせる本まで、ラ…

RNAi実験の基礎 siRNAのトランスフェクションプロトコール

遺伝子ノックアウトとノックダウンの違い ゲノム編集で特定の遺伝子コードを変更する「ノックアウト」では、遺伝子の機能は完全に除去されます。一方、短い二本鎖RNA…

DNAフラグメントとプラスミドのライゲーション(クローニングの基礎と実験のコツ)

ライゲーションのコツ コントロール反応を用意する DNAリガーゼを使ってDNA断片同士をつなぐ反応をライゲーションと呼びます。この記事では末端処理したDNAフ…

DNA末端の処理方法(クローニングの基礎と実験のコツ)

クローニングとその基本的なフロー ライフサイエンスでは、特定の遺伝子を単離して増やす操作をクローニングと呼びます。この記事では、目的の遺伝子を挿入したベクター…