1. ホーム
  2. DIY、工具
  3. 道具、工具
  4. 切削、切断、穴あけ
  5. KIKIHOUSENACHi(ナチ) 超硬ドリル アクアドリルEX VF 8D AQDEXVF8D27
最大63%オフ! 上品 KIKIHOUSENACHi ナチ 超硬ドリル アクアドリルEX VF 8D AQDEXVF8D27 metvrn.ru metvrn.ru

KIKIHOUSENACHi(ナチ) 超硬ドリル アクアドリルEX VF 8D AQDEXVF8D27

70000円

KIKIHOUSENACHi(ナチ) 超硬ドリル アクアドリルEX VF 8D AQDEXVF8D27

【商品名】
 NACHi(ナチ) 超硬ドリル アクアドリルEX VF 8D AQDEXVF8D27

【商品説明】
 ・ボディーのみでチップは含まれません。
・寸法:刃径mm×溝長230mm×全長317mm×シャンク径32mm

【サイズ】
 高さ : 4.00 cm
 横幅 : 4.00 cm
 奥行 : 35.00 cm
 重量 : 1.00 kg
 ※梱包時のサイズとなります。商品自体のサイズではございませんのでご注意ください。

KIKIHOUSENACHi(ナチ) 超硬ドリル アクアドリルEX VF 8D AQDEXVF8D27

永遠の定番 NACHi ナチ 超硬ドリル アクアドリルEX フラット AQDEXZ 9.65mm fucoa.cl永遠の定番 NACHi ナチ 超硬ドリル アクアドリルEX フラット AQDEXZ 9.65mm fucoa.cl
Durak Shikao 5
サイクリング用センサーとの連携のレビューが多かったので、ランニングウォッチで使えるか不安でしたが、GARMINのForeAthlete630Jで使えました。当初、ペアリングができず、出品者(メーカー?)に問合せたところ、解説の動画を送ってくれました。それを見てやってもうまくいかず、再度問合せ。こちらがやっている動画を送ったところ、手順の間違いを教えてくれ、無事にペアリングできました(出品者にも★5付けてます)。私が間違えていたのは、ペアリングの際、本体の金属部分(2ヶ所)に触れていなかったこと。ここに触れていないと通電せず、ペアリング相手のデバイスから認識できません。説明書では、体に巻いて(電極を肌に触れさせて)ペアリングするように書いてありますが、私は電極に触れずに本体をかざしたり、振ったりしていただけなので反応がありませんでした。説明書は英語と中国語のみで、私のようにペアリングで困る人がいるかも知れませんので、上記の点を参考にしてください。マラソン大会で着用して走ってみましたが、装着の違和感はほとんど気になりませんでした。位置が、少し落ちてきたように感じることが2回くらいありましたが、シャツの上からも修正できます。実際の計測データを参考までに添付します(GARMIN CONNECTというスマホアプリの画像です)。途中、ペースダウンしたあたりで心拍数も落ちているので、きちんと計測できていると思います。趣味でやっている市民ランナーとしては、練習方法の参考データとして十分な精度ではないでしょうか。心拍データを取ることで、VoX2max値(写真参照)、乳酸閾値も算出できるようになり、GARMINウォッチの機能を使えるようになったのもうれしい点です。練習のモチベーションが上がります。問合せの時に、出品者から、「nRF Toolbox」とスマホ用アプリを紹介されました(スマホとペアリングできるかテストするため)。このアプリでも心拍数を計測できるので、ランニングウォッチを持っていなくても、スマホがあれば、この心拍センサーを使うことはできます(VoX2maxなどの数値が出せるのかは不明。写真参照)。GAMIN純正の心拍センサーでは、体の上下動なども計測できるようですが、こちらの製品にその機能はないと思います。しかし、価格を考えると上述のデータが取れるだけでも満足。今後のトレーニングに活用したいと思います。(なお、耐久性については、現時点では不明です。)

ランキング2位 冷感 99% UVカット ロング パーカー 猛暑に最適 ヒザ上までしっかり ひんやり UV ケア 紫外線 日焼け 対策 専門 サンベールサンウェア 日焼け止め いらず 敏感肌 を守る 速乾 素材 長袖 ブルー 水色
永遠の定番 NACHi ナチ 超硬ドリル アクアドリルEX フラット AQDEXZ 9.65mm fucoa.cl永遠の定番 NACHi ナチ 超硬ドリル アクアドリルEX フラット AQDEXZ 9.65mm fucoa.cl
発泡酒党 5
深型のゴミ受けから浅型に買い替えました。今まで使用していた蓋はやめて、スッキリ!商品説明の画像の通りピッタリはまりました。ふちの部分のグレーの色目も悪目立ちしません。他メーカーでは白の物もありますが、グレーにして正解でした。

パナソニック ステレオマイク ウインドジャマー・ポーチ付 VW-VMS10-K ボルボV60 V60CC T5 T6 T8 AWD ZB型 アルミペダルLEDフットレスト 3点セット HEICOSPORTIV ハイコスポルティフ 5064537-5 ヘプコ&ベッカ Lock-it タンクリングフィッティング MT-07 14-20
永遠の定番 NACHi ナチ 超硬ドリル アクアドリルEX フラット AQDEXZ 9.65mm fucoa.cl永遠の定番 NACHi ナチ 超硬ドリル アクアドリルEX フラット AQDEXZ 9.65mm fucoa.cl
NACHi ナチ 11.8mm AQDEXZ アクアドリルEX フラット 超硬ドリル 訳あり品送料無料 超硬ドリルNACHi ナチ 11.8mm AQDEXZ アクアドリルEX フラット 超硬ドリル 訳あり品送料無料 超硬ドリル
1D TROLL ピステロングパンツ サッカーフットサルウェアーl1222101 スズキ 新品 ラジエーター ラジエター X-90 LB11S 品番 17700-60A12
剣道 小手 甲手 [GS-5] 5mm刺・奴 甲手  刺繍無料!送料無料[北海道・沖縄県配送不可]
永遠の定番 NACHi ナチ 超硬ドリル アクアドリルEX フラット AQDEXZ 9.65mm fucoa.cl永遠の定番 NACHi ナチ 超硬ドリル アクアドリルEX フラット AQDEXZ 9.65mm fucoa.cl
たくや 3
運動用で使っていましたが、一年ほどでボタンがへっこんだままとなり…安いなりの商品です。

永遠の定番 NACHi ナチ 超硬ドリル アクアドリルEX フラット AQDEXZ 9.65mm fucoa.cl永遠の定番 NACHi ナチ 超硬ドリル アクアドリルEX フラット AQDEXZ 9.65mm fucoa.cl
しゃけ 5
生活上、土手沿いの道を頻繁に通っています。土手上の走行車のライト(下向き)は、土手下を走行する私にとって、ハイビームのようなもの。対向車が連続すると蒸発現象が続いて歩行者見えないし、単純に眩しくて危ない。こちらを試したところ、眩しさが若干軽減され、蒸発現象は起きにくくなりました。あくまでも若干なので、過度な期待をするとがっかりするかも。しかし、何もしない頃より全然マシになったのも事実です。気になる所は、目に入る光点の角度によってはグラス表面に乱反射による消失点が発生する場合があることです。まぁ走行していれば一瞬で移り過ぎていくし、こういった夜間サングラス全般の問題なのでしょうから、マイナスは付けませんでした。あと、景色が全て黄色みを帯びます。見飽きた通勤路や近所ならともかく、旅行中など夜景を楽しむ場面では使わない方が風情を味わえるでしょう。

船首用ロープ編みV型フェンダー  φ125mm×500×500
永遠の定番 NACHi ナチ 超硬ドリル アクアドリルEX フラット AQDEXZ 9.65mm fucoa.cl永遠の定番 NACHi ナチ 超硬ドリル アクアドリルEX フラット AQDEXZ 9.65mm fucoa.cl
桐箪笥 桐タンス 桐たんす 収納 チェスト 押入 シンプル 総桐押入箪笥1杯引き 製造直売 商品番号6965T1 フェイシャル トリートメント エッセンス コフレ ナイキ メンズ 野球 スポーツ Nike Men's Alpha Huarache Elite 4 Metal Baseball Cleats Grey White
永遠の定番 NACHi ナチ 超硬ドリル アクアドリルEX フラット AQDEXZ 9.65mm fucoa.cl永遠の定番 NACHi ナチ 超硬ドリル アクアドリルEX フラット AQDEXZ 9.65mm fucoa.cl

<研究者インタビュー>複数の研究室を渡り歩く上で重視すること―後編―

神経細胞内のキネシン分子モーターの輸送機能に注目し、神経細胞間コミュニケーションの分子メカニズムの解明とマウスの個体レベルへの影響について研究している、筑波大学…

<研究者インタビュー>森川 桃—神経細胞内の輸送機構から脳機能や精神疾患を明らかにする―前編―

ヒトの体重の約2%しかない脳では、神経細胞同士が複雑なやりとりを行っています。そのやりとりが何らかの理由で破綻すると、精神疾患や記憶・学習障害につながると考えら…

ウサギ・モノクローナル抗体とは?原理や特長を徹底解説

特異性と親和性の高い抗体として、ウサギ・モノクローナル抗体が注目されています。ウサギ・モノクローナル抗体が他の動物種のモノクローナル抗体と比べてどのような特長が…

おすすめ抗体作製受託サービス!シグマ アルドリッチが徹底解説

カタログ品の抗体で思うように結果が出ないときや、そもそも希望する抗体がないとき、お困りではありませんか?その際、自らオリジナルの抗体作製を検討することもあるでし…

<研究最前線>佐々木雄彦-脂質に注目して病態形成を明らかにする

東京医科歯科大学難治疾患研究所教授の佐々木雄彦先生は、生体内に存在する脂質と疾患との関係に注目し、脂質の生理活性と作用機序の解明を進めています。脂質研究・分析技…

【保存版】RNA精製→逆転写→リアルタイムPCRの実験フロー

遺伝子発現解析でよく使われるRT-PCR。特に、定量的な解析ができるリアルタイムPCRは、発現量の解析で必要不可欠な手法となっています。しかし、実験がうまくいか…

<研究最前線>泊幸秀-古き良き生化学にこだわる姿勢

東京大学定量生命科学研究所教授の泊幸秀先生は、タンパク質に翻訳されないRNAである「ノンコーディングRNA(ncRNA)」に注目し、その機能や原理の解明に取り組…

<研究最前線>三浦正幸-細胞死を軸に広い視野で発生や成長をとらえる

東京大学大学院薬学系研究科教授の三浦正幸先生は、細胞死の研究を主軸としながら、発生や成長におけるサイズ制御や、再生における代謝制御、栄養と腸内細菌の関係など、多…

<研究最前線>塩見 美喜子-“動く遺伝子”から生殖細胞のゲノムを守る仕組みを解き明かしたい

東京大学大学院理学研究科教授の塩見美喜子先生は、生殖組織(卵巣・精巣)で特殊なDNA配列である「トランスポゾン」による遺伝子破壊からゲノムを守るための”品質管理…

<研究最前線>胡桃坂仁志-DNA収納様式から遺伝子発現制御を明らかにする

東京大学定量生命科学研究所教授の胡桃坂仁志先生は、DNAの核内収納様式である「クロマチン構造」に注目し、遺伝子発現を制御する仕組みを解明しようとしています。クロ…

<インタビュー>山口太郎-医学領域への恩返しのためのキャリアチェンジ

京都大学大学院医学研究科「医療領域」産学連携機構(KUMBL)の特定講師である山口太郎先生は、工学部出身で電機メーカーの知財部門に所属した経験を持ちながら、現在…

<研究最前線>濡木理-生体分子の構造解析から昔願った生きがいを見出す

東京大学大学院理学系研究科教授の濡木理先生は、主に膜タンパク質や非翻訳RNA結合タンパク質を原子分解能レベルで観察し、その構造解析から生命現象を理解することを目…

【初めての論文投稿⑩】投稿後からアクセプトまで

投稿後からアクセプトまでにやるべきこと 数々の難関をクリアし無事に論文を投稿し終えたら、ほっと一息。しかし、まだゴールではありません。投稿した後には、いったい…

<研究最前線>ケミカルバイオロジー研究が拓く新技術―標的タンパク質分解

狙ったタンパク質を分解する新しい技術 サリドマイド催奇性の原因因子として見つかったセレブロンは、ユビキチンリガーゼを構成するタンパク質のひとつです。東京医科大…

<研究最前線>サリドマイド催奇性はどのようにして解明されたのか

サリドマイド催奇性、その原因を追う 1950年代後半に催眠鎮静薬としてドイツで開発され、かつて日本でも睡眠薬や胃腸薬として広く販売されたサリドマイド。妊婦のつ…

【初めての論文投稿⑧】オンライン投稿~準備から投稿完了まで~

オンライン投稿前に準備すべき7つのこと 論文の原稿が仕上がったら、あとは投稿するだけです。現在はオンライン投稿が主流で、雑誌や出版社のサイトには専用フォームが…

大腸菌発現タンパク質を可溶化する発現ベクター その種類と特徴

発現ベクターでタンパク質の可溶性を改善 大腸菌でタンパク質を発現させる際、タンパク質の正しいフォールディングが起こらず、封入体(インクルージョンボディー)にな…

Nus•Tagによる大腸菌発現タンパク質の可溶化

Nus•Tagシステムの魅力 大腸菌の菌体内は動物細胞などと大きく異なり、極めて還元的な環境となっています。そのため大腸菌でタンパク質を発現させる際、S-S結…

RT-qPCRのためのqPCRの基礎とコツ

定量PCRとは 定量PCR(quantitative PCR)は、qPCRやリアルタイムPCRとも言われ、決められたサイクル数までの一連のPCRにより発生した…

<研究者インタビュー>つながり、発信し、研究する―後編―

光反応の可能性 ―諸藤先生は、大学での最初の研究テーマとして、光レドックス反応を選ばれました。ブログの「研究者の研究」で、この分野の大家であるデヴィッド・マク…

<研究最前線>サイの目のブレイクスルー

「存在」でなく「機能」 ―小松先生は「エンザイモミクス」という概念を提唱されていますが、これはどのようなものでしょうか。 生体内の分子を網羅的に調べる手法を…

<研究者インタビュー>辻佳子―「やりたいこと」に向き合って生きる

「やりたいこと」に素直に生きる 東京大学環境安全研究センター長として、研究者の環境安全教育に取り組む辻佳子教授。兼担している工学系研究科化学システム工学専攻で…

定量的ウェスタンブロットにおけるローディングコントロールの選び方

定量的ウェスタンブロットとローディングコントロール ウェスタンブロッティングは、細胞または組織から抽出された複雑な混合物から特定のタンパク質を同定するために広…

<インタビュー>研究者と社会の安全を守る!東京大学環境安全研究センターの取り組み

研究の環境安全を守るための教育 研究室には日常生活では扱わない危険なものが多く存在しています。薬品やガスは扱い方を一歩間違えると爆発や火災のような大きな事故を…

<研究最前線>輝く分子で生命活動を探る

生命現象を「視える化」する ―まず、五稜化薬という会社について紹介いただけますでしょうか。 蛍光プローブの製造・販売を専門とするベンチャー企業で、2010年…

ウェスタンブロッティングとローディングコントロールの重要性

ウェスタンブロッティング 1979年にウェスタンブロッティングについて初めての論文が発表されて以来(Renart et al., 1979)、この免疫検出技術…

徹底サポート!シグマ アルドリッチのカスタム製品サービス

もっと知りたい!シグマ アルドリッチのカスタム製品 試薬の数でトップクラスを誇るシグマ アルドリッチですが、実は、ユーザーの実験計画に合うアレンジや設計を行う…

サンドイッチELISAと競合ELISAによる定量

ELISA法とは 酵素結合免疫吸着検査法(以下、ELISA)は、抗体の特異性と、シンプルな酵素測定法の感受性を組み合わせた技術です。測定は容易で、ターンオーバ…

阻害剤調製時に知っておきたい5つのポイント

間違った扱い方が阻害剤の効果を激減させる 生物の体内でさまざまな働きを担っている生理活性物。その一部は阻害剤として利用でき、生命の仕組みや体内分子の機能を調べ…

マルチプレックスビーズベース解析とxMAP®テクノロジー

マルチプレックス解析とは マルチプレックス解析は、その名称が示す通り、1回のアッセイで複数の分析対象を試験する技術です。マルチプレックス検出では、バイオマーカ…

【初めての論文投稿①】執筆準備から掲載までの流れを知ろう

半年後を見据えて準備しよう 「そろそろ投稿論文を書き始めなくては」と思いながらも、なかなか手を付けられないでいる人はいませんか?「何から始めればいいのかわから…

シンプルかつスピーディー!限外ろ過によるタンパク質分画の方法

限外ろ過がタンパク質分画の「不便」を解決する 血液中のバイオマーカー探索などで解析をする際に、あらかじめサンプルを分画することがよくあります。従来ですと、サイ…

(まとめ)セキセイ アルタートケース<フラットタイプ> B3 ブラック ART-802-60クライス(QULiS)(メンズ、レディース)バランフォースシリーズ Capsel 10BF1007-AGLDサロンパス シップメイト(6枚入) ×96個セット 1ケース分ヒサゴ BP01024P 納品書 500セットヒサゴ『代引不可』『送料無料(一部地域除く)』ピップスポーツ 薄型圧迫サポーター プロ・フィッツ ひじ用 Mサイズ 1枚入 ×36個セット 1ケース分TCC ジャバウォックの詩 ドラゴン 鏡の国のアリス 不思議の国のアリス Alice アリス イン ワンダーランド ルイス キャロル ロイヤル グラフトン Royal Grafton 指貫き ソーイング パッチワーク キルト コレクション アイテム プレゼント 02P05Sep15山善 YGF-200 エアーフットラウンジ 「PASSION パッション」 山善 フットマッサージャー マッサージ機器 美容 エアー メーカー保証1年 YGF-200 ヤマゼン パッション エアーフットラウンジ YAMAZEN PASSION 健康家電5個セット サンワサプライ エコロジー電話ケーブル(ノーマル) TEL-EN-15N2X5(取寄) オスプレーパック スカラベ 30L バックパック Osprey Packs Skarab 30L Backpack Mystic Redルコックゴルフ Le coq sportif GOLF RIJOUME YOSHINORI KOTAKE DESIGNコラボ LCSロゴキャップ

<研究者インタビュー>佐々木敦朗―留学で見つけた、自分の新たな可能性

夢をかなえるために必要なこと 「日本とアメリカの両方でラボを持ちたい」。佐々木敦朗(あつお)先生はそんな夢を抱いてアメリカに留学しました。 情報も少なく孤立…

研究留学の「生の声」を聞く!経験者からの8つのアドバイス

留学経験者から聞く「生の声」 留学を思い立ったとき、みなさんはまず、どこから情報収集するでしょうか。ネットで調べたり、本を買ったり、先輩に相談したり―。 情…

臨界ミセル濃度からHLBまで。界面活性剤の用語解説

界面活性剤の性能に影響を及ぼす因子 多くの研究室で利用されている界面活性剤。様々な種類が市販されていますが、その性能は、実験に使用する際の濃度やイオン強度、p…

界面活性剤を選ぶときのポイントと界面活性剤を除去する方法

界面活性剤は先の実験も見据えて選ぼう 細胞や組織からタンパク質サンプルを調製するとき、疎水性タンパク質を可溶化する目的で用いられる界面活性剤。化学構造の微妙な…

ウェスタンブロッティングで失敗したら見直したい3つの条件

失敗の原因は検出反応にあるとは限らない ウェスタンブロッティングは、下図のように目的タンパク質の分離、転写、検出(抗原抗体)反応という複数の工程から成る複雑…

マイコプラズマ汚染検出方法、「直接培養法」と「DNA染色法」

細胞培養実験でのマイコプラズマ汚染試験の必要性 培養細胞の代表的汚染微生物として知られるマイコプラズマ。一般的には、しつこい咳と、頑固な発熱が特徴のマイコプラ…

PCRの結果を向上させる要素とは

PCRに影響を与える条件 PCRの結果は使用する機器や酵素によって大きく左右されますが、他にも様々な条件や試薬の違いに影響を受けます。この記事では、PCRの結…

<研究者インタビュー>平山祐-蛍光プローブ開発に至るまで

鉄イオンを高選択的に検出するプローブ開発で、ケミカルバイオロジー分野において注目を集める平山祐先生。研究者になるまでの経緯や、若手研究者へのメッセージを語ってい…

<研究最前線>平山祐-細胞内の「危険物」鉄イオンを追跡せよ

「フリーの鉄」の危険性 よく知られている通り、鉄はヘモグロビンや各種酸化還元酵素に含まれ、生体において不可欠な役割を演じています。このため人体内には常に4~5…

ウェスタンブロットの基本の流れ—成功に導くヒント—

実験のクオリティを決めるウェスタンブロット ウェスタンブロットは、ライフサイエンスの研究において一般的に選択される実験方法。タンパク質抗原の多数の重要な特性を…

<研究者インタビュー> 別所毅隆 次世代太陽電池「ペロブスカイト太陽電池」、トップランナーへの歩み

染物屋と化学者の遺伝子が反応!色付のカラフルな太陽電池 スイス・ローザンヌ工科大学、ソニー先端マテリアル研究所、東京大学先端科学技術研究センターと、太陽電池研…

<研究最前線>実用化は目前!塗って作れる次世代の有機無機複合太陽電池「ペロブスカイト太陽電池」とは

重たいシリコン太陽電池から、塗って作れる軽い太陽電池へ 現代を生きる私たちにとって、この先どのようにエネルギーを供給していくかということは切実な問題です。資源…

<研究者インタビュー>山路剛史―失敗を恐れず自分のやりたいことをやる

生物学のフロンティアを目指して 2018年の2月に米国オハイオ州のシンシナティ・チルドレンズ・ホスピタル・メディカルセンターで自分のラボをスタートさせた山路剛…

<研究最前線>分子と生物の間のブラックボックスを解明!生殖細胞のRNAバイオロジー

フロンティアを目指して 今から15年前、修士の学生だった山路剛史先生は、この先、研究者として生きていく上でどの分野を選べばよいかを考えていました。まだ誰もあま…

マルチプレックスアッセイで、バイオマーカースクリーニング実験を効率的に

タンパク質バイオマーカーのイムノアッセイ マルチプレックスアッセイは、ひとつの生体サンプルから一度に多項目の情報を取得する実験手法の総称です。 タンパク質バ…

PCR技術を発展させた酵素開発の歴史

PCR技術の発展 初期のPCRは画期的かつ重要な技術である一方、重大な限界もありました。(McPherson and Møller, 2000)。研究者たちは…

<研究最前線>エイズウイルス感染の仕組みを解明!治療薬の突破口に

エイズ治療の鍵を握る宿主細胞側の因子を探る エイズの原因であるHIVは、人の免疫系の司令塔であるTリンパ球細胞に感染し、免疫機能を奪っていきます。発熱、発疹、…

<研究者インタビュー>武内寛明―工学から医学へ。気がつけばエイズ研究の最前線に

エイズ治療への新たな希望 2014年、東京医科歯科大学の武内寛明先生は、コールド・スプリング・ハーバー研究所で、聴衆を興奮させる重大な発表を行いました。それは…

細胞を生きたまま染色する新しい蛍光色素

理想的な蛍光色素を求めて 細胞や組織、動物が生きている状態で分子の動態を観察できる蛍光生体イメージング。観察する細胞や分子などを標識する蛍光色素の開発は、20…

免疫組織化学、免疫細胞化学における抗原賦活化の手法

免疫組織化学/免疫細胞化学と抗原賦活化 特異的な抗体‐抗原相互作用を利用し、組織切片の細胞から抗原(例:タンパク質)を検出する工程を免疫組織化学(IHC)と呼…

免疫組織化学、免疫細胞化学のための標本調製の進め方

免疫組織化学/免疫細胞化学と標本調製 免疫組織化学(IHC)とは、特異的な抗体‐抗原相互作用を利用し、組織切片の細胞から抗原(例:タンパク質)を検出する工程を…

<研究者インタビュー>琵琶湖からアマゾンへ 。「環境DNA」がかなえた夢

熱帯魚が決めた進路 魚類生態学分野の調査といえば、生物個体を捕獲して分析を重ねる手法が一般的です。そこに住む生物を詳しく調べることで、生態の謎を解き明かしてい…

<研究最前線>魚を獲らずに生態調査!「環境DNA」が注目される理由

水を汲むだけで魚の生態がわかる「環境DNA」とは これまでの生態学の常識を覆す研究手法「環境DNA」。実際に生物を捕まえて調査する従来型のアプローチとは異なり…

DIGシステムにおけるオリゴヌクレオチドプローブ作成方法

DIG標識オリゴによるハイブリダイゼーション ハイブリダイゼーションによる核酸の検出には、RI(放射性同位元素)を用いる方法と、抗原抗体反応と化学発光を利用す…

DIGシステムにおけるRNAプローブ作成方法

DIGシステムにおけるRNAプローブ作成方法 ハイブリダイゼーションは核酸分子が相補的に結びついて二本鎖を形成すること、およびそれを活用した実験方法をさします…

DIGシステムを用いたDNAの標識手法(ラベリング)

DIGシステムを用いた核酸の標識 DIGはステロイドハプテンであるDigoxigenin(ジゴキシゲニン)を用いることでRI(放射性同位元素)を使用せずに、核…

<インタビュー>牧田直大―京大発の技術でiPS細胞由来心筋細胞の社会実装を

iPS細胞由来心筋細胞の早期実用化を目指して 京都大学出身の牧田直大さん。学部時代の専攻は土木工学で、そのまま大学院の工学研究科に進みました。ところが、あるき…

<研究最前線>低コスト生産を可能にしたiPS細胞から作る心筋細胞の新技術とは

低コストで安全性の高い心筋細胞を作り出せる理由 iPS細胞の臨床応用が待ち望まれている臓器は無数にあり、心臓もそのひとつです。心臓病は世界的にも死因として大き…

RI不要のDIGシステムで、より高感度なin situハイブリダイゼーションを

RIを使わない標識法「DIGシステム」とは in situハイブリダイゼーション法(in situ hybridization: ISH)は、ライフサイエンス…

酵素阻害剤の分類と様々な可逆的阻害剤

酵素阻害剤の分類 酵素は触媒的な性質があり、反応への関与によって酵素自体が変化することなく、反応速度を加速します。酵素の反応触媒能は、様々な低分子(阻害剤)が…

<研究者インタビュー>渡辺亮 iPS細胞×シングルセル解析で見えたもの

iPS細胞は再生医療だけじゃない 研究者だけでなく一般の人々からも大きな期待が注がれている人工多能性幹細胞(iPS細胞)研究。その中核を担う「京都大学iPS細…

<研究最前線>シングルセル解析技術で解明される細胞の運命

「シングルセル」を解析すると何がわかるのか シングルセル解析技術は、複数の細胞集団の平均値を解析する従来の方法とは異なり、一細胞レベルでの遺伝子発現やそれを制…

【ブランドストーリー】創業350年のメルクの歴史、始まりは「天使薬局」

メルクってどんな会社? その軌跡 メルクは、ドイツのダルムシュタットに本拠地を置くサイエンスとテクノロジーの世界的企業です。1668年に誕生し、2018年の今…

潜入!たよれるメルクのテクニカルサービスの秘密

メルクのテクニカルサービスはどんな質問も大歓迎 メルクのテクニカルサービスでは、製品情報や資料請求だけでなく、製品の使い方や実験のトラブルシューティングなど、…

抗体試薬を長持ちさせるコツ【保存と取り扱いのポイント】

正しい保存と取り扱いで長持ち 抗体の機能を維持し、寿命を長く保つためには、適切な保存や取り扱いが非常に重要です。適切に保存された抗体は、時間が経ってもほとんど…

抗体の選び方と濃度検討のポイント

抗体実験を始める前に 抗体を使用した実験計画を立てる際には、使用する抗体の種類や、濃度などの条件を選択・判定しなければなりません。また、必要に応じて二次抗体の…

用途に合わせて使い分け。抗体のフォーマットと精製方法

抗体技術と抗体のフォーマット 免疫化学を活用した抗体技術は、タンパク質の定量や分離・精製、組織内の抗原を検出する免疫染色など、様々な用途に応用され、ライフサイ…

抗体の仕組みと種類を理解しよう

まずは抗体について理解しましょう 免疫化学を活用した抗体技術は、1970年代初期に免疫標識の研究ツールとして用いられて以降大きく進歩し、ライフサイエンス研究の…

【研究ツールとしての抗体技術】抗原とエピトープ

抗体技術の基本原理 免疫化学を活用した抗体技術は、1970年代初期に免疫標識の研究ツールとして用いられて以降、大きく進歩し、ライフサイエンス研究の多くの分野に…

モノクローナル抗体とポリクローナル抗体の作製と特徴

抗体産生の基本的なしくみ 研究ツールとして用いられる抗体には、ポリクローナル抗体とモノクローナル抗体とがあります。これらは作製方法や性質が異なるため、用途にあ…

抗原と抗体の相互作用とは【抗体技術の基本原理】

抗原と抗体の結びつき 免疫化学を活用した抗体技術は、ライフサイエンス研究の多くの分野において必要不可欠なツールとなっています。免疫化学の基本原理は「特異的な抗…

ライフサイエンス研究者におすすめする8冊の本

研究の知識を深め世界を広げてくれる本 この記事では複数の研究者への取材をもとに、定番の専門書から研究室のトラブルを回避しモチベーションをアップさせる本まで、ラ…

バッファー調製時のチェック項目(バッファーの基礎知識)

使用前に確認しておきたいバッファーの特徴 研究を成功させるためには実験条件に合ったバッファーを選ぶことが重要です。ライフサイエンス実験用として知られているバッ…

RNAi実験の基礎 siRNAのトランスフェクションプロトコール

遺伝子ノックアウトとノックダウンの違い ゲノム編集で特定の遺伝子コードを変更する「ノックアウト」では、遺伝子の機能は完全に除去されます。一方、短い二本鎖RNA…

アガロースゲル電気泳動の原理と方法

アガロースゲル電気泳動の原理 アガロースは海藻から得られるポリサッカライド(多糖類)です。アガロースをバッファーに溶かして作成するアガロースゲルは比較的大きな…

一般的なPCRとホットスタートPCR

PCR反応のプロトコール概要 PCR(Polymerase Chain Reaction)法はDNAポリメラーゼによる酵素反応を利用して、少量のDNAサンプル…

pETシステムにおける発現タンパク質の抽出・精製のポイント

発現したタンパク質を回収する際に確認すべきこと pETシステムは、大腸菌を用いた組換えタンパク質のクローニング・発現システムのひとつです。この記事では、pET…

pETシステムにおけるタンパク質発現誘導のポイント

発現誘導における3つのチェックポイント pETシステムは、大腸菌を用いた組換えタンパク質のクローニング・発現システムのひとつです。この記事では、pETシステム…

pHと酸解離定数pKaの関係(バッファーの基礎知識)

バッファーの基礎知識 化学やライフサイエンスの実験を成功させるためにはpHをコントロールすることが重要です。そのためには、バッファーの性質をしっかりと理解して…