1. ホーム
  2. 花、ガーデニング
  3. 花瓶、花台
  4. 花瓶、花器
  5. ミスティクル有田焼 総手描き 伝統工芸品 染錦金彩唐草牡丹絵飾り花瓶 桐箱入り 陶芸作家 藤井錦彩
57%以上節約 良質 ミスティクル有田焼 総手描き 伝統工芸品 染錦金彩唐草牡丹絵飾り花瓶 桐箱入り 陶芸作家 藤井錦彩 metvrn.ru metvrn.ru

ミスティクル有田焼 総手描き 伝統工芸品 染錦金彩唐草牡丹絵飾り花瓶 桐箱入り 陶芸作家 藤井錦彩

68692円

ミスティクル有田焼 総手描き 伝統工芸品 染錦金彩唐草牡丹絵飾り花瓶 桐箱入り 陶芸作家 藤井錦彩

【商品名】
 有田焼 総手描き 伝統工芸品 染錦金彩唐草牡丹絵飾り花瓶 桐箱入り 陶芸作家 藤井錦彩

【商品説明】
 ・作者の藤井錦彩(ふじい きんさい)は1976年、日本磁器発祥の地、佐賀県有田町に生まれる。陶芸の道を志、有田焼の人間国宝・井上萬二氏や現代の名工・川原留雄氏・金武自然氏など各界の第一人者に師事する。手造り・手描きの心を大切にし、有田焼の伝統に現代感覚を調和させた美意識と感性の世界を造り独自の作風を切り拓いています、各展覧会では栄えある賞を数多く受賞し、作品は著名美術館にも収蔵されています。また、全国各地の美術館や百貨店で個展が開催され美術愛好家がつめかけています。有田焼の長い歴史と伝統に裏打ちされた技術でロクロを回し、全神経を筆先にそそぎ、研ぎ澄まされた技でいっさいの妥協を排して製作された本作品は比類なき美術品です。お手元で鑑賞する美術品としてはもちろん、お客様をおもてなしする際、品よく演出するのにも最適です

【サイズ】
 高さ :
 横幅 :
 奥行 :
 重量 :
 ※梱包時のサイズとなります。商品自体のサイズではございませんのでご注意ください。









ミスティクル有田焼 総手描き 伝統工芸品 染錦金彩唐草牡丹絵飾り花瓶 桐箱入り 陶芸作家 藤井錦彩

アース おすだけアースレッド 無煙プッシュ 120プッシュ 26ml×18個セット 1ケース分 アップルオートペイント ガロン缶 スズキ車用 ラッシュイエローメタリック シルバー 2トーン カラー番号D8A 3000ml CoolerMaster V1200 Platinum 1200W PC電源ユニット 80PLUS PLATINUM 7年保証 PS443 RSC00-AFBAG1-JP
nao_bows 5
袋付きでしっかりと梱包もされており、良かったです!問題の商品も良い大きさで、生地も柔らかくて最高でした!

TAKA 5
数々のフットカバー,カバーソックスを購入してきましたが、踵がずれる物ばかり…仕方なくソックタッチや、スティック糊で固定してました。しかし、この商品はズレないです!しかも他の商品と比べて厚手で長持ち(長持ちと言っても一足平均2週間程度ですが)値段は変わらないから全部破けて履けなくなったら必ずリピートします。

日用品 雑貨 通販 板目表紙 空 みの判用 300セット ヒヨ-5 オススメ 送料無料
Amazon.co.jp: 総手描き 染錦菊絵飾り花瓶 有田焼 伝統工芸 桐箱入り 陶芸家 藤井錦彩 : ホーム&キッチンAmazon.co.jp: 総手描き 染錦菊絵飾り花瓶 有田焼 伝統工芸 桐箱入り 陶芸家 藤井錦彩 : ホーム&キッチン
名入れ 日本製 竹食器 ミッキーマウス フェイスプレートセット FUNFAM 赤ちゃん ベビー 食器 ベビー食器 安全 お名前入れ 食器セット 出産祝い 男の子 女の子 プレゼント ギフト ミッキーマウス ディズニー◇お届けは3週間程度(配達日指定・キャンセル不可)◇
有田焼】飾り絵皿 染錦金彩・白金彩松竹梅鶴図 - JTOPIA有田焼】飾り絵皿 染錦金彩・白金彩松竹梅鶴図 - JTOPIA
USキッズウェア送料無料 Oliver Gal オリバーガル 91x61cm TEAM LAURENT サンローラン Saint Laurent 絵画 キャンバスアート ジップトップ ZipTop お得ディッシュ3点セット(S・M・Lサイズ) シリコン製保存容器 食洗機対応 ピーチ
ぶんたろう 5
大きさがちょうど良く、ヨーグルトを入れたりフルーツを入れたり毎日利用しています。形も可愛く、割れたりもせず丈夫です。

BE ZIPANGパレスガードシリーズ(王宮警護兵) 甲冑セット ポリエチレン製 着用可 中世 ヨーロッパ 西洋 騎士 ナイト 戦士 ファンタジー 撮影 コスプレ 小道具
Amazon.co.jp: 伝統工芸品 有田焼 総手描き 吉祥文様 染付富士山鶴亀絵飾り皿 桐箱入り 陶芸作家 藤井錦彩 : ホーム&キッチンAmazon.co.jp: 伝統工芸品 有田焼 総手描き 吉祥文様 染付富士山鶴亀絵飾り皿 桐箱入り 陶芸作家 藤井錦彩 : ホーム&キッチン
Amazon.co.jp: 有田焼 伝統工芸 総手描き 高級陶器 蛸唐草花瓶 飾り壺 桐箱入り 陶芸作家 藤井錦彩 : ホーム&キッチンAmazon.co.jp: 有田焼 伝統工芸 総手描き 高級陶器 蛸唐草花瓶 飾り壺 桐箱入り 陶芸作家 藤井錦彩 : ホーム&キッチン
有田焼 陶芸家 藤井錦彩作】有田焼美術品 染錦金彩菊唐草文様飾り花瓶 文字入れ可能な木箱入り(伝統工芸品・花瓶・壺・壷・法人ギフト) - 【藤井錦彩窯】- プレゼント&ギフトのギフトモール有田焼 陶芸家 藤井錦彩作】有田焼美術品 染錦金彩菊唐草文様飾り花瓶 文字入れ可能な木箱入り(伝統工芸品・花瓶・壺・壷・法人ギフト) - 【藤井錦彩窯】-  プレゼント&ギフトのギフトモール
WOOD WORKS 日本製 ロッドスタンド両面19本用 組立済 ホームエレクター ウッドシェルフ エンゼルホワイト(W750×D350) H1430WH1(1枚入り)
モスキート 5
今までは、石鍋を使っていて、十分満足していますが、突然鋳物鍋が欲しくなり、購入しました。すごく使いやすいですが、欲を言えば、あと1cm大きければ良かったです。混ぜるとき余裕がある方が良いです。見た目にも良いかと思います。ですから★4つです。

DeLonghi kMix(ケーミックス) ブティック 電気ケトル イエロー 0.75L SJM010J-YW
有田焼 伝統工芸 陶器 花瓶 総手描き 釉裏紅金彩|牡丹孔雀絵花瓶 桐箱入り 陶芸作家 藤井錦彩 :20220404232237-00179:shareshop - 通販 - Yahoo!ショッピング有田焼 伝統工芸 陶器 花瓶 総手描き 釉裏紅金彩|牡丹孔雀絵花瓶 桐箱入り 陶芸作家 藤井錦彩  :20220404232237-00179:shareshop - 通販 - Yahoo!ショッピング
有田焼 総手描き 伝統工芸品 染錦金彩唐草牡丹絵飾り花瓶 桐箱入り 陶芸作家 藤井錦彩 :20220405221915-00098:えるみストア - 通販 - Yahoo!ショッピング有田焼 総手描き 伝統工芸品 染錦金彩唐草牡丹絵飾り花瓶 桐箱入り 陶芸作家 藤井錦彩 :20220405221915-00098:えるみストア -  通販 - Yahoo!ショッピング
(取寄) マーモット メンズ バンタムウェイト ジャケット - メンズ Marmot men Bantamweight Jacket - Men's Black ZEOOR(ゼオール) 極厚バーベキュー鉄板 キャンプ BBQ アウトドアの必須アイテム コールマン Coleman クールスパイダー プロ レッド 専用 グリルプレート 網 板厚6mm
tkhr 1
当方足のサイズは27cmですが、甲高幅広でいつも28cm以上のサイズを選んでいます。この商品も27-29ということで選びました。ところが、履いて見たところとにかくキツイ。特にカラーの靴下は伸縮性が全くないので履くのが大変です。また黒は多少伸びますが、甲の部分にメッシュがありますが、肌色が透けて丸見えになるくらいなので、厚底も全く無意味です。足が小さい人向けでですね。正直29cmの人が履けるか疑わしいですね。足が大きい人は注意ください。安かろうで購入しましたが失敗でした。

<研究者インタビュー>複数の研究室を渡り歩く上で重視すること―後編―

神経細胞内のキネシン分子モーターの輸送機能に注目し、神経細胞間コミュニケーションの分子メカニズムの解明とマウスの個体レベルへの影響について研究している、筑波大学…

<研究者インタビュー>森川 桃—神経細胞内の輸送機構から脳機能や精神疾患を明らかにする―前編―

ヒトの体重の約2%しかない脳では、神経細胞同士が複雑なやりとりを行っています。そのやりとりが何らかの理由で破綻すると、精神疾患や記憶・学習障害につながると考えら…

ウサギ・モノクローナル抗体とは?原理や特長を徹底解説

特異性と親和性の高い抗体として、ウサギ・モノクローナル抗体が注目されています。ウサギ・モノクローナル抗体が他の動物種のモノクローナル抗体と比べてどのような特長が…

おすすめ抗体作製受託サービス!シグマ アルドリッチが徹底解説

カタログ品の抗体で思うように結果が出ないときや、そもそも希望する抗体がないとき、お困りではありませんか?その際、自らオリジナルの抗体作製を検討することもあるでし…

<研究最前線>佐々木雄彦-脂質に注目して病態形成を明らかにする

東京医科歯科大学難治疾患研究所教授の佐々木雄彦先生は、生体内に存在する脂質と疾患との関係に注目し、脂質の生理活性と作用機序の解明を進めています。脂質研究・分析技…

【保存版】RNA精製→逆転写→リアルタイムPCRの実験フロー

遺伝子発現解析でよく使われるRT-PCR。特に、定量的な解析ができるリアルタイムPCRは、発現量の解析で必要不可欠な手法となっています。しかし、実験がうまくいか…

2ステップRT-PCRのプロトコール

逆転写PCR(Reverse Transcription Polymerase Chain Reaction:以下RT-PCR)は、DNAを増幅するPCR技術を…

<研究最前線>泊幸秀-古き良き生化学にこだわる姿勢

東京大学定量生命科学研究所教授の泊幸秀先生は、タンパク質に翻訳されないRNAである「ノンコーディングRNA(ncRNA)」に注目し、その機能や原理の解明に取り組…

<研究最前線>三浦正幸-細胞死を軸に広い視野で発生や成長をとらえる

東京大学大学院薬学系研究科教授の三浦正幸先生は、細胞死の研究を主軸としながら、発生や成長におけるサイズ制御や、再生における代謝制御、栄養と腸内細菌の関係など、多…

<研究最前線>塩見 美喜子-“動く遺伝子”から生殖細胞のゲノムを守る仕組みを解き明かしたい

東京大学大学院理学研究科教授の塩見美喜子先生は、生殖組織(卵巣・精巣)で特殊なDNA配列である「トランスポゾン」による遺伝子破壊からゲノムを守るための”品質管理…

<研究最前線>胡桃坂仁志-DNA収納様式から遺伝子発現制御を明らかにする

東京大学定量生命科学研究所教授の胡桃坂仁志先生は、DNAの核内収納様式である「クロマチン構造」に注目し、遺伝子発現を制御する仕組みを解明しようとしています。クロ…

<インタビュー>山口太郎-医学領域への恩返しのためのキャリアチェンジ

京都大学大学院医学研究科「医療領域」産学連携機構(KUMBL)の特定講師である山口太郎先生は、工学部出身で電機メーカーの知財部門に所属した経験を持ちながら、現在…

<研究最前線>濡木理-生体分子の構造解析から昔願った生きがいを見出す

東京大学大学院理学系研究科教授の濡木理先生は、主に膜タンパク質や非翻訳RNA結合タンパク質を原子分解能レベルで観察し、その構造解析から生命現象を理解することを目…

<研究最前線>ケミカルバイオロジー研究が拓く新技術―標的タンパク質分解

狙ったタンパク質を分解する新しい技術 サリドマイド催奇性の原因因子として見つかったセレブロンは、ユビキチンリガーゼを構成するタンパク質のひとつです。東京医科大…

大腸菌におけるタンパク質発現とホスト選択 その種類と特徴

目的・課題に合わせたホスト選択 大腸菌の菌体内は動物細胞などと大きく環境が異なります。したがって、大腸菌でタンパク質を発現させる際には、正しくフォールディング…

RT-qPCRのためのRT-PCRの基本とトラブルシュート

定量的PCRと遺伝子発現の評価 定量的PCR(以下、qPCR)の用途の一つに遺伝子発現の評価があり、これはmRNAのコピー数から測定されます。少量のRNAから…

<研究者インタビュー>つながり、発信し、研究する―後編―

光反応の可能性 ―諸藤先生は、大学での最初の研究テーマとして、光レドックス反応を選ばれました。ブログの「研究者の研究」で、この分野の大家であるデヴィッド・マク…

【初めての論文投稿⑤】伝わる図表の作り方

図表の質が論文掲載を左右する 図表は、論文において全体のメッセージを伝えるために欠かすことのできない要素のひとつです。単に実験データを示すだけのものではありま…

逆相HPLCカラムを行う前に知っておいてほしいこと

8種類のオクタデシルシリルカラムを比較 オクタデシルシリル(以下、ODS)カラムは、逆相クロマトグラフィーでよく用いられるカラムです。汎用性が高く分析化学の領…

TrueGel3Dによる3D培養 その概要と使用例

期待が高まる3D培養技術 従来の二次元的な細胞培養(2D)は、細胞が平面に増殖するため、生体内の立体的な環境とは異なる状態であるという課題がありました。一方、…

【初めての論文投稿④】アウトラインの作り方

論文の質を決めるアウトライン作り 論文の執筆にとりかかる際、必ず行ってほしいのが「アウトライン」の作成です。アウトラインはいわば論文の設計図。この設計図作りの…

ACSクロマトグラフィー賞受賞!Janusz Pawliszyn博士インタビュー

科学界と産業界の連携がイノベーションを生み出す クロマトグラフィー分野で、新たな手法を開発した研究者に与えられるACSクロマトグラフィー賞。1970年から、メ…

定量的ウェスタンブロットにおけるローディングコントロールの選び方

定量的ウェスタンブロットとローディングコントロール ウェスタンブロッティングは、細胞または組織から抽出された複雑な混合物から特定のタンパク質を同定するために広…

<インタビュー>研究者と社会の安全を守る!東京大学環境安全研究センターの取り組み

研究の環境安全を守るための教育 研究室には日常生活では扱わない危険なものが多く存在しています。薬品やガスは扱い方を一歩間違えると爆発や火災のような大きな事故を…

<研究最前線>輝く分子で生命活動を探る

生命現象を「視える化」する ―まず、五稜化薬という会社について紹介いただけますでしょうか。 蛍光プローブの製造・販売を専門とするベンチャー企業で、2010年…

ウェスタンブロッティングとローディングコントロールの重要性

ウェスタンブロッティング 1979年にウェスタンブロッティングについて初めての論文が発表されて以来(Renart et al., 1979)、この免疫検出技術…

分子生物学実験の基本 滅菌操作をマスターしよう

滅菌とは 滅菌とは「全ての生物を死滅させるか、完全に除去すること」を指し、分子生物学実験において非常に重要な操作の一つです。大腸菌培養や細胞・組織の無菌培養を…

徹底サポート!シグマ アルドリッチのカスタム製品サービス

もっと知りたい!シグマ アルドリッチのカスタム製品 試薬の数でトップクラスを誇るシグマ アルドリッチですが、実は、ユーザーの実験計画に合うアレンジや設計を行う…

<研究者インタビュー>山口浩明―薬物動態を臨床の現場から研究する意味

様々なラボを渡り歩いて見つけた使命とは 東北大学病院副薬剤部長の山口浩明先生は、薬物動態のプロフェッショナルとして研究と臨床の両方をフィールドに活動されていま…

マルチプレックスビーズベース解析とxMAP®テクノロジー

マルチプレックス解析とは マルチプレックス解析は、その名称が示す通り、1回のアッセイで複数の分析対象を試験する技術です。マルチプレックス検出では、バイオマーカ…

クロマチン免疫沈降法と抗体の選び方

クロマチン免疫沈降法とは クロマチン免疫沈降法(ChIP)は、染色体DNAに関連するタンパク質がin vivoでどのように分布しているのかをマッピングするため…

シンプルかつスピーディー!限外ろ過によるタンパク質分画の方法

限外ろ過がタンパク質分画の「不便」を解決する 血液中のバイオマーカー探索などで解析をする際に、あらかじめサンプルを分画することがよくあります。従来ですと、サイ…

真鍮蓮笠瓔珞 淡彩色 白玉1対 消金メッキ 中 4号 ようらく 仏壇 仏具仏壇・位牌・仏像専門店国産仏壇【ワイドサイズ タモ杢 モダン仏壇STAYER GRANPLE 防水9インチ内蔵メモリ搭載TV DVDポータブルプレイヤー(取寄) ジョルダーナ メンズ AV エクストリーム ジャケット - メンズ Giordana men AV Extreme Jacket - Men's Black送料無料 立山 本醸造 1.8L 6本セットセンターバレー(新品) Baja Designs Squadron Sport Clear Fog Driving Cornering Combo LED Kit w Upf(取寄) フライロー メンズ スノーマン ビブ Flylow men Snowman Bib Ryeセブ(SEV)(メンズ)カーフカバー SEVSP CALF001バイク・車パーツ ラバーマークベルリンガー AERONALディスク ステン L クローム KAWASAKI 320φ★お年玉コフレ 送料無料★エレガンス ファイン ヴェルヴェティ ファンデーション NA201 レフィル(9g) ハンドクリームコフレエレコム ノートPC用ACアダプター 角型 20V Lenovo ACDC-2065LEBKフジコーポレーション175 65R15 15インチ 4穴 100 YOKOHAMA アイスガード7 IG70 スタッドレスタイヤ ホイール4本セット BRANDLE ブランドル V15 5.5J 5.50-15世紀格闘技テコンドー軽量学生服10%OFFセール アバクロ 水着 メンズ 正規品 Abercrombie&Fitch スイムパンツ トランクス型 CLASSIC TRUNKS 5 INSEAM SHORT-LENGTH 133-350-0626-510VENUM ボクシンググローブ Impact - インパクト(ダークカモ サンド) Boxing Gloves (8oz)みんなのお薬ビューティコスメ店和光堂 レーベンスミルク はいはい 810g 5個セット(取寄) フェールラーベン メンズ バレンツ プロ ショート Fjallraven Men's Barents Pro Short Dk Grey-Dk Grey

<研究者インタビュー>佐々木敦朗―留学で見つけた、自分の新たな可能性

夢をかなえるために必要なこと 「日本とアメリカの両方でラボを持ちたい」。佐々木敦朗(あつお)先生はそんな夢を抱いてアメリカに留学しました。 情報も少なく孤立…

研究留学の「生の声」を聞く!経験者からの8つのアドバイス

留学経験者から聞く「生の声」 留学を思い立ったとき、みなさんはまず、どこから情報収集するでしょうか。ネットで調べたり、本を買ったり、先輩に相談したり―。 情…

必ず押さえておきたい!DNAを取り扱う際の注意点

DNAの化学的・物理的性質を知る ライフサイエンスの研究者にとっては、なじみの深いDNA。しかし、その機能や原理についてよく知っていても、実はDNAの化学的・…

高感度イムノアッセイ、SMCテクノロジーとは

高感度の定量を実現可能にしたSMCテクノロジー 疾患研究および創薬開発研究においては、血清、血漿、唾液、脳脊髄液などの生体サンプルに含まれる疾患関連分子バイオ…

ウェスタンブロッティングで失敗したら見直したい3つの条件

失敗の原因は検出反応にあるとは限らない ウェスタンブロッティングは、下図のように目的タンパク質の分離、転写、検出(抗原抗体)反応という複数の工程から成る複雑…

すぐに役立つ!失敗例から学ぶウェスタンブロット

実験失敗の原因を知ろう ウェスタンブロットは、ライフサイエンス実験の基本的なテクニックですが、他の実験と同じく正確な結果を出すためにはある程度の慣れと経験が必…

PCRの結果を向上させる要素とは

PCRに影響を与える条件 PCRの結果は使用する機器や酵素によって大きく左右されますが、他にも様々な条件や試薬の違いに影響を受けます。この記事では、PCRの結…

PCR・RT-PCR用酵素の選び方

酵素の選択がPCRの結果を左右する より高効率で高精度のPCRを実現するため、また多様な用途に対応するため、これまでにいくつものPCR酵素やRT-PCR酵素が…

<研究最前線>平山祐-細胞内の「危険物」鉄イオンを追跡せよ

「フリーの鉄」の危険性 よく知られている通り、鉄はヘモグロビンや各種酸化還元酵素に含まれ、生体において不可欠な役割を演じています。このため人体内には常に4~5…

<研究者インタビュー> 別所毅隆 次世代太陽電池「ペロブスカイト太陽電池」、トップランナーへの歩み

染物屋と化学者の遺伝子が反応!色付のカラフルな太陽電池 スイス・ローザンヌ工科大学、ソニー先端マテリアル研究所、東京大学先端科学技術研究センターと、太陽電池研…

<研究最前線>実用化は目前!塗って作れる次世代の有機無機複合太陽電池「ペロブスカイト太陽電池」とは

重たいシリコン太陽電池から、塗って作れる軽い太陽電池へ 現代を生きる私たちにとって、この先どのようにエネルギーを供給していくかということは切実な問題です。資源…

<研究者インタビュー>山路剛史―失敗を恐れず自分のやりたいことをやる

生物学のフロンティアを目指して 2018年の2月に米国オハイオ州のシンシナティ・チルドレンズ・ホスピタル・メディカルセンターで自分のラボをスタートさせた山路剛…

<研究最前線>分子と生物の間のブラックボックスを解明!生殖細胞のRNAバイオロジー

フロンティアを目指して 今から15年前、修士の学生だった山路剛史先生は、この先、研究者として生きていく上でどの分野を選べばよいかを考えていました。まだ誰もあま…

効率アップ!マルチプレックスアッセイ、カスタマイズの成功事例

医薬品や農薬の開発過程で活躍するマルチプレックスアッセイ 少ないサンプル量と工数で、迅速に最大500種類ものバイオマーカーの測定ができるマルチプレックスアッセ…

PCR技術を発展させた酵素開発の歴史

PCR技術の発展 初期のPCRは画期的かつ重要な技術である一方、重大な限界もありました。(McPherson and Møller, 2000)。研究者たちは…

<研究最前線>エイズウイルス感染の仕組みを解明!治療薬の突破口に

エイズ治療の鍵を握る宿主細胞側の因子を探る エイズの原因であるHIVは、人の免疫系の司令塔であるTリンパ球細胞に感染し、免疫機能を奪っていきます。発熱、発疹、…

<研究者インタビュー>武内寛明―工学から医学へ。気がつけばエイズ研究の最前線に

エイズ治療への新たな希望 2014年、東京医科歯科大学の武内寛明先生は、コールド・スプリング・ハーバー研究所で、聴衆を興奮させる重大な発表を行いました。それは…

免疫組織化学、免疫細胞化学における抗原賦活化の手法

免疫組織化学/免疫細胞化学と抗原賦活化 特異的な抗体‐抗原相互作用を利用し、組織切片の細胞から抗原(例:タンパク質)を検出する工程を免疫組織化学(IHC)と呼…

免疫組織化学、免疫細胞化学のための標本調製の進め方

免疫組織化学/免疫細胞化学と標本調製 免疫組織化学(IHC)とは、特異的な抗体‐抗原相互作用を利用し、組織切片の細胞から抗原(例:タンパク質)を検出する工程を…

経験者が伝授するポスドクの応募方法

納得のいくポスドク先を選ぶために 博士課程の次の進路として、ポスドクの道を考えている人は多いと思います。納得のいく研究室を選択するためには、早くから準備をして…

<研究者インタビュー>琵琶湖からアマゾンへ 。「環境DNA」がかなえた夢

熱帯魚が決めた進路 魚類生態学分野の調査といえば、生物個体を捕獲して分析を重ねる手法が一般的です。そこに住む生物を詳しく調べることで、生態の謎を解き明かしてい…

<研究最前線>魚を獲らずに生態調査!「環境DNA」が注目される理由

水を汲むだけで魚の生態がわかる「環境DNA」とは これまでの生態学の常識を覆す研究手法「環境DNA」。実際に生物を捕まえて調査する従来型のアプローチとは異なり…

DIGシステムにおけるオリゴヌクレオチドプローブ作成方法

DIG標識オリゴによるハイブリダイゼーション ハイブリダイゼーションによる核酸の検出には、RI(放射性同位元素)を用いる方法と、抗原抗体反応と化学発光を利用す…

DIGシステムにおけるRNAプローブ作成方法

DIGシステムにおけるRNAプローブ作成方法 ハイブリダイゼーションは核酸分子が相補的に結びついて二本鎖を形成すること、およびそれを活用した実験方法をさします…

<インタビュー>牧田直大―京大発の技術でiPS細胞由来心筋細胞の社会実装を

iPS細胞由来心筋細胞の早期実用化を目指して 京都大学出身の牧田直大さん。学部時代の専攻は土木工学で、そのまま大学院の工学研究科に進みました。ところが、あるき…

<研究最前線>低コスト生産を可能にしたiPS細胞から作る心筋細胞の新技術とは

低コストで安全性の高い心筋細胞を作り出せる理由 iPS細胞の臨床応用が待ち望まれている臓器は無数にあり、心臓もそのひとつです。心臓病は世界的にも死因として大き…

RI不要のDIGシステムで、より高感度なin situハイブリダイゼーションを

RIを使わない標識法「DIGシステム」とは in situハイブリダイゼーション法(in situ hybridization: ISH)は、ライフサイエンス…

<研究者インタビュー>渡辺亮 iPS細胞×シングルセル解析で見えたもの

iPS細胞は再生医療だけじゃない 研究者だけでなく一般の人々からも大きな期待が注がれている人工多能性幹細胞(iPS細胞)研究。その中核を担う「京都大学iPS細…

<研究最前線>シングルセル解析技術で解明される細胞の運命

「シングルセル」を解析すると何がわかるのか シングルセル解析技術は、複数の細胞集団の平均値を解析する従来の方法とは異なり、一細胞レベルでの遺伝子発現やそれを制…

いまさら聞けない実験ノートの基礎と書き方

実験ノートは論文作成の下準備と考える 実験ノートは、「ラボノート」とも呼ばれ、研究者が毎日の実験を記録するノートを指します。きっちりと書かれた実験ノートは、さ…

細胞継代の手順。細胞のタイプにあった方法を選択しよう

なぜ継代が必要なのか 細胞を同じ容器の中で培養し続けると、次第に培養密度が高くなり細胞の老化や細胞死を引き起こします。これを防ぐため、少量の細胞を別の容器に移…

コツは「素早く解凍」。適切な細胞融解の手順

凍結細胞を適切に融解しよう ECACCなどから入手する細胞の多くは凍結された状態で送られてきます。そのため細胞は使用する前に凍結から起こす必要があります。この…

細胞培養実験でのコンタミを防ぐ注意点まとめ

細胞培養における基本的な注意点 細胞培養の基本操作には、コンタミネーションを防ぎ安全に実験を進めるために、やるべきこととやってはいけないことがあります。他の研…

潜入!たよれるメルクのテクニカルサービスの秘密

メルクのテクニカルサービスはどんな質問も大歓迎 メルクのテクニカルサービスでは、製品情報や資料請求だけでなく、製品の使い方や実験のトラブルシューティングなど、…

抗体試薬を長持ちさせるコツ【保存と取り扱いのポイント】

正しい保存と取り扱いで長持ち 抗体の機能を維持し、寿命を長く保つためには、適切な保存や取り扱いが非常に重要です。適切に保存された抗体は、時間が経ってもほとんど…

用途に合わせて使い分け。抗体のフォーマットと精製方法

抗体技術と抗体のフォーマット 免疫化学を活用した抗体技術は、タンパク質の定量や分離・精製、組織内の抗原を検出する免疫染色など、様々な用途に応用され、ライフサイ…

抗体の仕組みと種類を理解しよう

まずは抗体について理解しましょう 免疫化学を活用した抗体技術は、1970年代初期に免疫標識の研究ツールとして用いられて以降大きく進歩し、ライフサイエンス研究の…

【研究ツールとしての抗体技術】抗原とエピトープ

抗体技術の基本原理 免疫化学を活用した抗体技術は、1970年代初期に免疫標識の研究ツールとして用いられて以降、大きく進歩し、ライフサイエンス研究の多くの分野に…

モノクローナル抗体とポリクローナル抗体の作製と特徴

抗体産生の基本的なしくみ 研究ツールとして用いられる抗体には、ポリクローナル抗体とモノクローナル抗体とがあります。これらは作製方法や性質が異なるため、用途にあ…

抗原と抗体の相互作用とは【抗体技術の基本原理】

抗原と抗体の結びつき 免疫化学を活用した抗体技術は、ライフサイエンス研究の多くの分野において必要不可欠なツールとなっています。免疫化学の基本原理は「特異的な抗…

ライフサイエンス研究者におすすめする8冊の本

研究の知識を深め世界を広げてくれる本 この記事では複数の研究者への取材をもとに、定番の専門書から研究室のトラブルを回避しモチベーションをアップさせる本まで、ラ…

研究者に伝えたい、研究費獲得のために大切なこと

研究費を獲得するために大切なこと 研究を続けていくには、予算を獲得し途切れさせず運用しなくてはいけません。そのためには、若手のうちから将来のキャリアを見据えた…

バッファー調製時のチェック項目(バッファーの基礎知識)

使用前に確認しておきたいバッファーの特徴 研究を成功させるためには実験条件に合ったバッファーを選ぶことが重要です。ライフサイエンス実験用として知られているバッ…

RNAi実験の基礎 shRNA導入細胞を選択する抗生物質濃度の最適化

高すぎず低すぎない抗生物質の最適濃度を決定しよう RNAi法でshRNAベクターを細胞に導入した後は、抗生物質でshRNAが導入された細胞をセレクションする必…

RNAi実験の基礎 siRNAのトランスフェクションプロトコール

遺伝子ノックアウトとノックダウンの違い ゲノム編集で特定の遺伝子コードを変更する「ノックアウト」では、遺伝子の機能は完全に除去されます。一方、短い二本鎖RNA…

生体サンプルからのダイレクトPCR

生体サンプルからのダイレクトPCRとは 通常のPCRでは、試料から核酸を抽出・精製したDNA溶液を使って行いますが、ダイレクトPCRでは、核酸を分離せずに、細…

pETシステムにおける発現タンパク質の抽出・精製のポイント

発現したタンパク質を回収する際に確認すべきこと pETシステムは、大腸菌を用いた組換えタンパク質のクローニング・発現システムのひとつです。この記事では、pET…

pETシステムによるタンパク質発現系構築のポイント

pETシステム、タンパク質発現系構築の注意点 pETシステムは、大腸菌を用いた組換えタンパク質のクローニング・発現システムのひとつです。この記事では、pETシ…

pHと酸解離定数pKaの関係(バッファーの基礎知識)

バッファーの基礎知識 化学やライフサイエンスの実験を成功させるためにはpHをコントロールすることが重要です。そのためには、バッファーの性質をしっかりと理解して…

DNA末端の処理方法(クローニングの基礎と実験のコツ)

クローニングとその基本的なフロー ライフサイエンスでは、特定の遺伝子を単離して増やす操作をクローニングと呼びます。この記事では、目的の遺伝子を挿入したベクター…